• トップ >
  • >
  • 謝罪・辞職を勧告も 広島県議会が政倫審請求 説明求める場、審査結果焦点

トピックス

謝罪・辞職を勧告も 広島県議会が政倫審請求 説明求める場、審査結果焦点

2021/3/4 23:05

 2019年7月の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で、広島県議会(定数64)が政治倫理条例に基づき初めて設ける審査会は、現金を受け取ったとされる県議13人にまず説明を求める場となる。公正を疑われるような金品の授受について責任があると認めれば、謝罪や辞職などの勧告もできる。詳しい運営方針は、審査会で定めることになる。
(ここまで 160文字/記事全文 1158文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事