地域ニュース

不思議だね、真っ白ナマコ 広島・西区のマリホ水族館で展示

2021/3/6 21:40
マリホ水族館に展示された白ナマコ(右)

マリホ水族館に展示された白ナマコ(右)

 10万匹に1匹ともいわれる真っ白なナマコが、広島市西区のマリホ水族館で展示されている。同館は「縁起物として扱う地域もある。ぜひ見に来てほしい」と呼び掛けている。

 周南市粭島(すくもじま)で2月13日に漁業関係者が捕獲し、同館に提供した。日本近海に広く生息するマナマコの成体で体長約15センチ、重さ約145グラム。突然変異で色素が作られない「アルビノ」か、色素が白に変化する「白変種」とみられる。

 茶色のマナマコやアナゴ、オニオコゼと一緒に展示され、水槽内で元気よく動き回っている。娘の鈴(りん)ちゃん(2)と訪れた佐伯区の主婦小村麻衣子さん(31)は「かわいらしい。どうして白いのか不思議」と見入っていた。(城戸昭夫)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧