地域ニュース

津田恒美記念館が「再登板」 広島、マツスタ近くでカフェに

2021/3/6 22:45
津田さんの写真や記念品が飾られた店内で、訪れたファンと会話を楽しむ大毅さん(右端)

津田さんの写真や記念品が飾られた店内で、訪れたファンと会話を楽しむ大毅さん(右端)

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で閉館した広島東洋カープの元投手、故津田恒美さんの記念館が6日、広島市南区のマツダスタジアム近くで「復活」した。昨年まで同じビルにあり、閉店を余儀なくされた飲食店スポーツファンベースヒロシマと一体となり「津田恒美メモリアルカフェ」として営業を始めた。

 店は球場正面ゲートから約50メートルのビル1階。広さ60平方メートルほどで約30席ある。津田さんのプレー写真やゆかりの品約80点に囲まれ、飲食や大画面の野球中継を楽しめる。今季初のカープの地元オープン戦があったこの日、ユニホーム姿のファンで早速にぎわった。

 JR広島駅と球場を結ぶカープロード沿いにあった記念館は昨年4月に休館。同8月、ファンベースの閉店とともに閉じた。館長だった津田さんの長男大毅さん(32)とファンベースの岡村秀幸オーナー(59)が協力し、球場近くでの再開を目指してきた。

 カフェ代表の大毅さんは「ファンの皆さんの笑顔を見て、戻ってこられてよかったと実感した。気軽に立ち寄ってほしい」と話していた。シーズン中は月曜休店。Tel082(236)8819。(長久豪佑)

【関連記事】

津田さん、電子書籍で「復活」 カープ元投手描いた「最後のストライク」

1991年4月14日 津田ラストマウンド 闘志、今も受け継がれる

【よみがえる熱球】津田恒美

【カープドラフト史】1981年 「まさか」津田単独指名

【運動部デスク日誌】炎のストッパー


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧