• トップ >
  • トピックス >
  • 山口県公安委員が辞職 使途不明金報道の私立幼稚園連合会の前会長

トピックス

山口県公安委員が辞職 使途不明金報道の私立幼稚園連合会の前会長

2021/3/8 21:22

山口県庁

 山口県の村岡嗣政知事は8日、県公安委員の香川敬氏(69)が辞職したと発表した。この日「一身上の都合」を理由とする辞職願の提出を受け、同日付で承認した。香川氏を巡っては、一部報道で会長を務めていた全日本私立幼稚園連合会で数億円の使途不明金が発覚し、本人が通帳の偽造に関与したとされている。

 県などによると、8日午前、県警職員が香川氏の自宅を訪れて関係者から辞職願を受け取ったという。任命権者の村岡知事は県議会終了後、報道陣に「通帳の偽造などが事実とすれば大変遺憾。団体の調査に対し、しっかりと説明責任を果たしていただきたい」と述べた。

 香川氏は全国約7500の私立幼稚園が加盟する同連合会の会長を2010年5月から昨年11月まで務めていた。00年に防府市の学校法人敬陽学園の理事長に就任し、同市教育委員や県私立学校審議会委員などを歴任。県公安委員には14年7月に就き、3期目の任期が23年7月25日までだった。これまで県公安委員長を2度務めている。

 村岡知事は香川氏を任命してきた理由を「全日本私立幼稚園連合会の会長を務め、政府で児童虐待対策や男女共同参画の関係の審議会の委員をされていた。知見を生かしてほしかった」と説明した。倉田恵子公安委員長は「後任が任命されるまでの間、警察の管理に支障が生じないよう適切に運営に努める」とコメントした。

 香川氏の自宅で自身が住職を務める防府市の寺院は、中国新聞の取材に「体調を崩していて不在」としている。(渡辺裕明)


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧