地域ニュース

【詳報・克行被告第45回公判】元県議などの供述調書「余りに大胆で露骨過ぎる」

2021/3/8 18:06

■福山市の元県議

【検察側による供述調書朗読】

<2019年6月8日、福山市の中国料理店での現金受領について>

 前田秘書が私のところに来て「〇〇さん、ちょっと」と声を掛けました。前田さんの案内で小さめの個室に入りました。個室には長テーブルといすがあり、克行さんと2人きりになりました。克行さんがエアコンに近い奥の方、私が出入り口の一番近くに座りました。

 克行さんから「(参院選の)情勢はどうですか?」と聞かれました。私は安倍晋三首相(当時)の秘書と県東部地域を回っている感触から「反応は良い」と伝えました。克行さんから「引き続きよろしくお願いします」とあり、「分かりました」と言うと「ちょっと」と声を掛けられました。片手で「気持ちですから」と封筒を差し出してきた。縦長でお札が入るぐらい。厚みがあり、現金が入っていると思いました。

 参院選の集票活動をしており、福山市内の票の取りまとめの気持ちがあるのだと思いました。公選法上、処罰される買収になると考え「それは困ります」と断った。しかし「いや、気持ちですから」と言われました。他のメンバーが別の部屋におり、会食を中座してきている。違法行為を疑われるのが気になっていました。押し問答したらいけないと思い「恐れ入ります」と片手で受け取りました。
(ここまで 543文字/記事全文 1843文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧