トピックス

国語の問題にカープ選手ずらり 広島の高校入試

2021/3/9 18:25

カープの選手名が並ぶ、広島県内の公立高入試の国語の問題

 8日にあった広島県内の公立高の一般入試(選抜II)の国語で、問題文の中で展開される生徒の会話に「鈴木」「西川」など、広島東洋カープの現役選手の名前がずらり並んだ。

 国語は文学作品や古典など四つの設問があり、うち三つで生徒の会話が盛り込まれた。設問1は、動物文学で知られる戸川幸夫の作品「爪王」からの出題。その中で会話を繰り広げる生徒2人は「西川」と「鈴木」だった。さらに設問3の古典では「島内」「坂倉」「中田」の3人が登場。また生徒会だよりを作る設定の設問4には、生徒会役員として「森下」と「松山」が出てくる。

 いずれも、西川龍馬選手や鈴木誠也選手、森下暢仁投手たちカープの主力選手と同じ名字だ。

 県教委は「問題の作成者がカープ選手の名前を参考にしたのは間違いない」と明かした。県内のある中学校の国語教諭(46)は「遊び心がある。受験生にちょっとした後押しになったのならすてきだ」としている。(石井雄一)

【関連記事】

「にやりとした受験生も少なくあるまい」


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧