トピックス

大麻密輸、スマホに記録 ドラフラ元選手逮捕、郵送先は事務所

2021/3/10 0:42

ジャマリ・トレイラー容疑者

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)の広島ドラゴンフライズ元選手で米国籍のジャマリ・トレイラー容疑者(28)=広島市中区三川町=が大麻取締法違反(輸入)容疑で逮捕された事件で、トレイラー容疑者が自身のスマートフォンで密輸に関するやりとりをしていたことが9日、捜査関係者などへの取材で分かった。広島県警は入手経路を追及する。

 神戸税関広島税関支署からの情報で容疑が浮上し、県警は2月24日、トレイラー容疑者の自宅や広島市西区のドラゴンフライズ事務所を家宅捜索。押収した本人のスマホを解析した結果、今回の密輸に関し、何者かと連絡を取り合っていたことを確認できたという。

 トレイラー容疑者は昨年9月27日、大麻を加工した液体状の「大麻リキッド」を国際郵便で米国から輸入した疑いで8日に逮捕された。この国際郵便の宛先が同事務所だったことも分かった。

 ドラゴンフライズによると、トレイラー容疑者は、靴や日用品など米国から送られてくるさまざまな荷物を日常的に事務所で受け取っていたという。同クラブは「(容疑について)全く把握していなかった。家宅捜索で初めて知った」としている。

 県警はトレイラー容疑者の認否を明らかにしていない。同クラブによると、トレイラー容疑者は関係者を通じて関与を否定したという。県警は大麻使用の有無についても調べる。

【関連記事】

ドラゴンフライズ選手トレイラー容疑者を逮捕 大麻リキッド輸入の疑い クラブは契約解除【動画】

ドラフラ社長、選手逮捕で謝罪会見 「重く受け止め」契約解除、体制見直し示唆

スポーツ界に大麻まん延 元広島ジャクソン投手や元五輪代表国母選手…危険リキッド、摘発の壁


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧