地域ニュース

【バスケットボール】ドラフラ社長が兼任のGM辞任

2021/3/9 23:58

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)広島は9日、所属していたジャマリ・トレイラー容疑者が大麻取締法違反(輸入)の疑いで逮捕されたことなどの責任を取り、浦伸嘉社長が兼任していたゼネラルマネジャー(GM)を辞任すると発表した。今後は社長職に専念する。

 所属選手の逮捕に加え、B1に昇格した今季、6勝36敗で西地区最下位に低迷していることも辞任の理由とした。浦社長は「(今の)事態を重く受け止めた。私が社長とGMを兼務していることで、チーム全体に目が行き届かず、運営体制の弱さにつながった。再発防止すべく、専任のGMを置きたい」と話した。 

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

地域スポーツの最新記事
一覧