地域ニュース

【バスケットボール】元選手が大麻輸入疑い、ドラフラが再発防止策 新GMに岡崎氏

2021/3/10 11:56
再発防止策について語る岡崎新GM

再発防止策について語る岡崎新GM

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)広島は10日、ジャマリ・トレイラー元選手が大麻取締法違反(輸入)の疑いで逮捕されたことを受け、再発防止策を発表した。

 【動画】送検されるトレイラー容疑者の姿

 対策は主に六つ。外国籍選手の契約にあたり、出国前の薬物検査、シーズン中の抜き打ち検査、全選手を対象にゼネラルマネジャー(GM)が定期的な面談を行うことなどを挙げた。

 浦伸嘉社長が兼務していたGM職を退任し、後任に広島の元選手の岡崎修司アンバサダーが就任すると発表した。岡崎GMは「多大なるご迷惑、お騒がせをしたことを大変申し訳なく思っている。バスケの強さだけでなく、地域への貢献、コート外の言動で世の中に感動を与えられる選手が多数在籍するチームにしていきたい」と話した。 

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

地域スポーツの最新記事
一覧