地域ニュース

福島から届いた詩、紡ぐ 山口で活動するサークル「楽しい朗読」

2021/3/10 14:47
空の会の詩集を手にメンバーに指導する藤本さん(左から2人目)

空の会の詩集を手にメンバーに指導する藤本さん(左から2人目)

 あの東日本大震災の日から 生活が重苦しくなった 何をどうしてよいのか―。「福島から届いたことば」と題した朗読会を昨年10月、山口市内で開いた。「今も大変な福島の人に思いをはせてほしい」。その一心で福島市の創作詩サークル、ポエム「福島 空の会」がつづった言葉を山口で伝え続けている。
(ここまで 141文字/記事全文 729文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 佐々木政夫さん
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

防災の最新記事
一覧