地域ニュース

広島県立三次中の校歌が完成 1期生の詞に教諭が曲

2021/3/15 21:10
作詞を担当した2年生に作曲の意図を説明する藤原教諭(左端)

作詞を担当した2年生に作曲の意図を説明する藤原教諭(左端)

 2019年4月に開校して以来、校歌がなかった広島県立三次中(三次市南畑敷町)の校歌が完成した。19年に入学した1期生が作った歌詞に同校で音楽を指導する藤原大希教諭(30)が作曲。同校で15日、お披露目した。
(ここまで 104文字/記事全文 418文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧