地域ニュース

庄原・比和特産、生かしそば茶開発 健康増進願い住民組織

2021/3/16 8:00
そば茶(手前)を開発した荒木さん(右)と、夫で比和自治振興区事務局長の幹さん

そば茶(手前)を開発した荒木さん(右)と、夫で比和自治振興区事務局長の幹さん

 庄原市比和町の住民組織である比和自治振興区が、町産ソバの実を使ってそば茶を開発した。特産品のアピールと同時に、地域住民の健康づくりに生かす願いを込める。お菓子や料理への活用法の研究や提案にも今後力を入れていく。
(ここまで 106文字/記事全文 748文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • ひわそば茶を使って作った砂糖菓子「キャラメーゼ」(下)や「パンナコッタ」(上左)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧