地域ニュース

広島市北部の柿の木切って クマ出没多く、市呼び掛け

2021/3/16 22:01
木に登るツキノワグマ=2020年9月21日、安佐北区可部町(広島市提供)

木に登るツキノワグマ=2020年9月21日、安佐北区可部町(広島市提供)

 広島市北部で本年度はツキノワグマの出没件数が多かったことを受け、市は集落への出没要因の一つとされる柿の木の剪定(せんてい)や伐採を呼び掛けている。あらかじめ低木にしておき、実ができてもすぐに収穫できるようにする。
(ここまで 107文字/記事全文 403文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 広島市森林組合職員(左端)から柿の木の切り方を教わる住民
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧