地域ニュース

カキいかだでアサリ養殖 福山市沼隈町の千年漁協、道の駅で20日販売

2021/3/19 9:59
網籠から取り出したアサリを確認する佐藤参事(右)たち

網籠から取り出したアサリを確認する佐藤参事(右)たち

 福山市沼隈町の千年漁協が20日、カキいかだにつるした網籠で育てたアサリを同町の道の駅アリストぬまくまで初めて販売する。カキ養殖に続く漁業収入安定化の一環で、カキのシーズンが終わるタイミングで出荷できることから2019年から試験養殖していた。
(ここまで 121文字/記事全文 514文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧