地域ニュース

アラフォーに夢舞台 悪女時代、CF募りSNSコンテスト【動画】

2021/3/20 20:58
コンテストの実現を目指して練習に励む悪女時代のメンバー

コンテストの実現を目指して練習に励む悪女時代のメンバー

 アラフォー世代の広島のご当地アイドルグループ「悪女時代」が、全国の同世代グループに呼び掛け、会員制交流サイト(SNS)上でのコンテストを企画している。コロナ禍で活動が制限される中、パフォーマンスを競い合って個々の持ち味をアピールする。音楽プロデューサーのつんく♂さんに「課題曲」を作ってもらう約束も取り付けた。メンバーはクラウドファンディング(CF)で開催への支援を呼び掛けている。31日まで。

 コンテストには19グループが参加する。それぞれが課題曲の歌唱動画をユーチューブで公開し、一般視聴者の「いいね」の数などで審査する。優勝グループのCDをつくり、CFの返礼品にする構想だ。

 昨年9月、つんく♂さんがツイッターなどで募った「かなえたい夢」にメンバーが応募したのがきっかけ。「全国の仲間と一つになってコロナ禍を乗り越えたい、アラフォーアイドルが輝ける場が欲しい」―。熱い思いに共感したつんく♂さんが協力を表明した。

 実現に向けてメンバーは2月にCF「アラフォーアイドル輝け!プロジェクト」を開設。目標額は400万円で、CD制作代などに充てる。これまでに約140万円が集まった。目標に達しない場合は開催を断念する。

 「じっとしていても状況は変わらない。何か行動を起こしたくて」と悪女時代のリーダー大倉未郁さん(53)。2012年の結成以来、定期的にライブを重ねてきたが、この1年はコロナの影響で観客を迎えてのステージは2回だけ。「活動の場が欲しいという思いは全国のグループも同じ。多くの人に応援してもらえるようパフォーマンスを磨きたい」と練習に励む。

 つんく♂さんは「大人の女性が純粋に楽しめる音楽の甲子園。若い人に負けない大人の無心の美学を追究してほしい」とエールを送る。(里田明美) 

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧