地域ニュース

筆の里で語る書の魅力 広島・熊野で収集家と学術顧問

2021/3/24 16:06
書の魅力を語り合う大内さん(右)と名児耶さん

書の魅力を語り合う大内さん(右)と名児耶さん

 「書をたのしむ」をテーマにしたトークイベントが、広島県熊野町の筆の里工房であった。町に約150点の書などを寄贈した書美術品収集家の大内基康さん(70)=呉市=と、筆の里工房学術顧問の名児耶明さん(72)=東京=が、約90人を前に書の魅力を語り合った。
(ここまで 126文字/記事全文 365文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧