地域ニュース

体育館に壁画、43年の歴史伝える 閉校前に庄原市東城の八幡小で最後の共同作業

2021/3/25 14:02
完成した壁画を眺める八幡小の児童

完成した壁画を眺める八幡小の児童

 本年度限りで閉校する庄原市東城町森の八幡小の児童が、同校の体育館の外壁に自らデザインした絵を描いた。全校児童での最後の共同作業として企画。学校生活での思い出を振り返り、43年の歴史を後世へと伝える。
(ここまで 100文字/記事全文 641文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 保護者と一緒に体育館の壁に絵を描く子どもたち
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧