• トップ >
  • トピックス >
  • 三原市本郷の産廃場差し止め命令 広島地裁「井戸水汚染の恐れ」【動画】

トピックス

三原市本郷の産廃場差し止め命令 広島地裁「井戸水汚染の恐れ」【動画】

2021/3/25 22:36

山林を開発し、建設が進む三原市本郷町の産業廃棄物の最終処分場=手前(2月22日)

 三原市本郷町南方でJAB協同組合(東京)が建設している産業廃棄物の最終処分場を巡り、三原、竹原両市などの住民517人が、井戸水などが汚染される恐れがあるとして建設や操業の差し止めを求めた仮処分申し立てで、広島地裁は25日、建設や操業の差し止めを命じる決定をした。同組合は同地裁へ異議を申し立てる方針。

 藤沢孝彦裁判長は決定理由で、処分場が操業を始めた場合、有害物質が漏れ出た水が場外へ流れ、申し立てた人のうち9人が使う井戸水が汚染される恐れがあると指摘。その他の人については理由がないとして却下した。

 同組合は中国新聞の取材に「全ての法令を順守して計画を進めており、極めて遺憾」とし、異議申し立て手続きを進めるとした。

 処分場は山林を切り開き、約9・7ヘクタールに「安定5品目」の廃プラスチックや金属くず類など約103万立方メートルを素掘りの穴に埋める計画。昨年4月に広島県が廃棄物処理法に基づく設置許可を、三原市が森林法に基づく林地開発許可を出した。

 仮処分は住民が同6月に申請。翌7月には、両市の住民12人が県の設置許可の取り消しを求めた行政訴訟も広島地裁に起こしている。

 県産業廃棄物対策課は「仮処分の決定内容を知らないのでコメントを控える」。三原市の岡田吉弘市長は「住民不安は認識している。司法判断を注視し、状況を把握する」とのコメントを出した。(山田英和、川崎崇史)



この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧

  • 松江市長に上定氏 21年ぶりトップ交代 (4/18)

     松江市長選は18日投開票され、無所属で新人の上定昭仁氏(48)=自民、公明、国民推薦=が、無所属で新人の出川桃子氏(43)、共産党公認で新人の吉儀敬子氏(70)を破り、初当選した。 上定氏は、新型コ...

  • 邑南新町議13人決まる 島根 (4/18)

     島根県邑南町議選は18日投開票され、新議員13人が決まった。内訳は、現職9人、新人4人。党派別では、共産1人、無所属12人だった。投票率は78・44%で、2017年の前回選の81・15%を2・71ポ...

  • 井原の新市議18人決まる 投票率は過去最低55・61% (4/18)

     井原市議選は18日投開票され、新市議18人が決まった。内訳は現職15人、新人3人。党派別では公明党1人、共産党1人、無所属16人。女性は1人だった。投票率は55・61%。2017年の前回の59・19...

  • 【速報】広島県30人感染、広島市は6日連続警戒基準上回る 18日新型コロナ (4/18)

     広島県内で18日、新たに30人の新型コロナウイルス感染が発表された。新規感染者数が30人台となるのは2日連続。軽症が29人、無症状が1人という。 【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提...

  • 岡山県61人感染、3カ月ぶり60人超す 18日新型コロナ (4/18)

     岡山県内で18日、新たに61人の新型コロナウイルス感染が確認された。内訳は、岡山、総社両市が各20人、倉敷市12人、高梁と新見、玉野の3市が各2人、赤磐、真庭両市と和気町が各1人。1日当たりの感染発...