• トップ >
  • トピックス >
  • ドラフラ元選手トレイラー容疑者を税関が告発 大麻リキッド輸入未遂の疑い

トピックス

ドラフラ元選手トレイラー容疑者を税関が告発 大麻リキッド輸入未遂の疑い

2021/3/25 21:03

税関が押収した大麻リキッドが入っていたカートリッジ(下)。上のプラスチック容器に取り出したリキッドが入っている

 神戸税関広島税関支署は25日、大麻を加工した液体状の「大麻リキッド」を輸入しようとしたとして、広島市中区三川町、バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)の広島ドラゴンフライズ元選手、ジャマリ・トレイラー容疑者(28)=大麻取締法違反(輸入)容疑で送検=を関税法違反(禁制品の輸入未遂)の疑いで広島地検に告発した。

【動画あり】トレイラー容疑者送検の様子

 告発容疑は、何者かと共謀して昨年9月30日、大麻リキッド計1・86グラムを隠した小包1個を米国から密輸しようとした疑い。

 同支署によると、小包はトレイラー容疑者宛てで、米ロサンゼルス国際空港から成田空港を経由し、大阪国際郵便局に到着。大阪税関大阪外郵出張所の職員が不審物として開封すると、マスク数十枚の一部に液体が入ったカートリッジ5本が包まれていた。小包の届け先は広島市西区のドラゴンフライズ事務所となっていた。

 同支署が広島県警に通報し合同で捜査。県警は今月8日、トレイラー容疑者を逮捕した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧