• トップ >
  • トピックス >
  • 投開票まで1カ月、活動盛ん 自民、党離れつなぎ留め 立民、党派超え市民目線【再選挙4・25 参院広島】

トピックス

投開票まで1カ月、活動盛ん 自民、党離れつなぎ留め 立民、党派超え市民目線【再選挙4・25 参院広島】

2021/3/26 0:01

(左)支援者にあいさつする西田氏=広島市安佐南区(右)初めての街頭演説で支援を呼び掛ける宮口氏=広島市中区

 河井案里元参院議員の当選無効に伴う参院広島選挙区の再選挙は、25日で告示まで2週間、投開票まで1カ月となった。与野党対決の軸となる自民党新人で元経済産業省官僚の西田英範氏(39)=公明推薦=と無所属新人でフリーアナウンサーの宮口治子氏(45)=立憲民主、国民民主、社民推薦=は、活動を活発化している。NHK受信料を支払わない方法を教える党新人で党職員の山本貴平氏(46)、無所属新人で元会社員の大山宏氏(72)、新人で介護ヘルパーの佐藤周一氏(45)も立候補の意向を示す。

 西田氏は25日、自民党広島県議の案内で広島市安佐南区に入った。案里氏の地盤で「自民党離れ」が懸念されるエリア。「どうかよろしくお願いします」。企業や個人宅を訪ね、頭を下げて名刺を渡し、党支援者のつなぎ留めを図った。

 2月24日に党公認を得て以降、党県連所属の国会議員8人の協力を得て支援企業や団体を巡る「組織型選挙」をする。3月13日には岸田文雄前党政調会長(広島1区)に伴われ、市中心部の2カ所で街頭演説。合間に商店街を歩き、商店主や買い物客に顔を売った。

 県内の市町を巡っているが、まだ全域を回り切れていないという。短期決戦のため活動量に限りがあるとみて、岸田氏が率いる党内派閥の岸田派の秘書団や自身の親族とあいさつ回りを手分けする。2019年の参院選広島選挙区では、初当選した案里氏と、落選した党現職の2人で計約56万票を得ており、まずは党の支援者固めに力を注ぐ。

 折しも25日午後、案里氏の夫の克行被告(広島3区)が衆院議員の辞職願を提出した。西田氏は夫妻が所属していた自民党から立つ理由を「党を変え、信頼を取り戻して経済を立て直す」と訴える。そんな姿勢に、党県連幹部は「知名度はないが、人柄の良さは負けない」と自信を見せる。

 複数の関係者によると、党県連が27日に中区で開く定期大会に、西田氏の推薦を決めた公明党の斉藤鉄夫副代表(比例中国)が出る方向となった。次の衆院選広島3区の「与党代表」の決定までは曲折のあった自公両党が、西田氏の支援を確認する場となりそうだ。(河野揚)

 大きく息を吸い込み、マイクを持った。宮口氏は25日朝、広島市中区の広島バスセンターそばで初の街頭演説をした。初々しさをにじませながら「みなさんに意思表示をしてもらう大事な選挙。私に思いを託してほしい」と声を響かせた。

 立憲民主党広島県連の幹部に推され、14日に擁立が決まった。20日に無所属での立候補を表明。党派を超えた支援を集めようと、立憲民主党や社民党の県組織が参加する政治団体「結集ひろしま」を母体に、支援態勢づくりへ駆け足であいさつ回りを重ねている。

 21日は立憲民主党県連の佐藤公治代表(広島6区)と庄原市の川北小の閉校式を訪れた。卒業生で元自民党政調会長の亀井静香氏に面会し、「一人一人を大事に」と助言を受けた。

 23、24日は上京し、推薦を得た野党3党の党首との記念撮影に臨んだ。立憲民主党の小沢一郎衆院議員たち、有力政治家へのあいさつもした。党の支援母体である連合広島や傘下の労働組合も行脚している。

 その合間を縫って実現した25日の街頭演説で、大規模買収事件については多くを語らなかった。力点を置いたのは、シングルマザーで障害がある長男を含む3人を育てている自らの体験を基にした福祉の充実の訴えだった。市民目線を意識し「あえてその先のことを伝えていく」と強調する。

 陣営はウェブでの発信に力を入れており、立候補の記者会見の様子をまとめた動画の再生回数は25日夜までに1万回を超えた。27日は中区で街頭演説会を開き、立憲民主、国民民主両党本部から弁士を招く。(宮野史康)


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧

  • ステルス戦闘機F35Aが米軍岩国基地に飛来 地元は騒音・安全対策要請【動画】 (12/4)

     米空軍のステルス戦闘機F35A4機が3日、岩国市の米軍岩国基地に飛来した。中国四国防衛局から市に入った連絡によると、いずれも米アラスカ州アイルソン空軍基地に所属しており、岩国基地を拠点に数週間、周辺...

  • 中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数 (12/3)

     中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況【グラフ】山口県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況【グラフ】岡山県の新型コロナウイルス感染者...

  • 抑留死亡者名簿 (12/3)

     厚生労働省がシベリア地域とモンゴル地域での抑留死亡者のうち、個人を特定できたとして3日に漢字の氏名と出身地を公表した13人は次の通り。(漢字の字体は発表に基づく。敬称略) 【シベリア地域】 ◇北海道...

  • 核軍縮、取り組み推進 寺田氏の一問一答 (12/3)

     寺田稔首相補佐官は3日、岸田文雄首相からの辞令交付後、官邸ロビーで報道陣の取材に応じた。主なやりとりは次の通り。 ―核軍縮・不拡散の担務は歴代補佐官として初めてとなります。意気込みを聞かせてください...

  • 寺田氏が首相補佐官 国家安保・核軍縮担当 (12/3)

     政府は3日の閣議で、国家安全保障と核軍縮・不拡散を担当する首相補佐官に寺田稔元総務副大臣(広島5区)を起用する人事を決定した。岸田文雄首相(広島1区)は、自民党岸田派所属で元防衛政務官の寺田氏が外交...