トピックス

「政治的責任負うべきは私」 公判で河井元法相

2021/3/26 12:45

河井克行被告

 2019年7月の参院選広島選挙区の大規模買収事件で、公選法違反罪に問われた元法相の河井克行被告(58)=衆院広島3区=の第49回公判が26日、東京地裁で開かれ、弁護側による被告人質問があった。克行被告は参院選当時の陣営の状況を説明し「政治的責任を負うべきは私しかない」と述べた。

 検察側が、選挙運動全般を仕切る「総括主宰者」だったとしている点については「評価については裁判体の考えに従う。適切にご判断いただきたい」と語った。

 公選法は、買収罪の罰則を3年以下の懲役か禁錮または50万円以下の罰金としているが、総括主宰者には4年以下の懲役か禁錮または100万円以下の罰金に加重すると規定している。

 克行被告は昨年8月の初公判で起訴内容を全面否認して無罪を訴えたが、今月23日の被告人質問の初日に主張を一転させ、起訴内容の大半を認める姿勢に転じた。その際、初公判で否定した総括主宰者についても弁護側が「争わない」との考えを明らかにしていた。

 克行被告は19年3〜8月、同選挙区で妻の案里元参院議員(47)=有罪確定=を当選させるため、地方議員や後援会員ら100人に計2901万円を渡したとして起訴されている。23日の被告人質問で、100人のうち90人に渡した現金を選挙買収の目的だったと認めた。一方で、陣営スタッフら10人への資金提供は「買収には当たらない」などと争う姿勢を示し、案里氏との共謀も引き続き否定した。

 広島選挙区では改選2議席を巡り、自民党新人の案里氏、同党現職の溝手顕正氏、無所属現職の森本真治氏が激戦を展開。森本氏と案里氏が当選し、溝手氏が落選した。党本部から夫妻の党支部への1億5千万円は、溝手氏側に出した1500万円の10倍に当たる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧

  • ステルス戦闘機F35Aが米軍岩国基地に飛来 地元は騒音・安全対策要請【動画】 (12/4)

     米空軍のステルス戦闘機F35A4機が3日、岩国市の米軍岩国基地に飛来した。中国四国防衛局から市に入った連絡によると、いずれも米アラスカ州アイルソン空軍基地に所属しており、岩国基地を拠点に数週間、周辺...

  • 中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数 (12/3)

     中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況【グラフ】山口県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況【グラフ】岡山県の新型コロナウイルス感染者...

  • 抑留死亡者名簿 (12/3)

     厚生労働省がシベリア地域とモンゴル地域での抑留死亡者のうち、個人を特定できたとして3日に漢字の氏名と出身地を公表した13人は次の通り。(漢字の字体は発表に基づく。敬称略) 【シベリア地域】 ◇北海道...

  • 核軍縮、取り組み推進 寺田氏の一問一答 (12/3)

     寺田稔首相補佐官は3日、岸田文雄首相からの辞令交付後、官邸ロビーで報道陣の取材に応じた。主なやりとりは次の通り。 ―核軍縮・不拡散の担務は歴代補佐官として初めてとなります。意気込みを聞かせてください...

  • 寺田氏が首相補佐官 国家安保・核軍縮担当 (12/3)

     政府は3日の閣議で、国家安全保障と核軍縮・不拡散を担当する首相補佐官に寺田稔元総務副大臣(広島5区)を起用する人事を決定した。岸田文雄首相(広島1区)は、自民党岸田派所属で元防衛政務官の寺田氏が外交...