地域ニュース

五連のアーチ、桜色に染まり 岩国でライトアップ

2021/3/26 22:29
桜色に浮かび上がる錦帯橋。水面にもアーチが映し出された(撮影・山下悟史)

桜色に浮かび上がる錦帯橋。水面にもアーチが映し出された(撮影・山下悟史)

 岩国市の国名勝・錦帯橋と周辺の桜のライトアップが26日夜、始まった。時間の経過とともに、黄金色や水色、桜色など5色に浮かび上がる五連のアーチと、満開に近づく桜が競演。幻想的な雰囲気に包まれた。

春らんまん 桜アルバム〜デジタルでお花見

 午後7時すぎ、錦川の両岸に設置されたライトが橋や桜を照らし始めた。家族連れや写真愛好家が、カメラに収めて楽しんでいた。

 錦帯橋のライトアップは2008年に始まり、19年には一部の桜を加えた。これまで照明は黄金色だけだったが、夜の観光を拡充しようと、市が2700万円かけて機材を更新した。

 桜の照明は4月18日、錦帯橋は6月1日まで。いずれも日没から午後10時にともす。(有岡英俊)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧