地域ニュース

中国5県で上昇 今後30年以内、震度6弱以上の確率

2021/3/27 13:28

 政府の地震調査委員会が26日公表した全国地震動予測地図の2020年版で、中国地方5県の県庁所在地はいずれも、今後30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率が前回18年版に比べて上昇した。調査委は南海トラフ巨大地震の発生確率が高まったことや、鳥取県西部地震(00年10月)の余震を加味したことが要因としている。
(ここまで 157文字/記事全文 598文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

防災の最新記事
一覧