• トップ >
  • >
  • 岸田氏、今秋総裁選へ正念場 指導力の発揮が鍵

トピックス

岸田氏、今秋総裁選へ正念場 指導力の発揮が鍵

2021/3/27 22:52

岸田文雄氏

 自民党の岸田文雄前政調会長(広島1区)が27日、3度目の党広島県連会長に就任した。大規模買収事件でいたんだ党県連を立て直し、党公認の新人を立てる参院広島選挙区の再選挙へ先頭に立つ決意を示す。指導力を発揮し、今秋にある党総裁選での再挑戦へ向けて求心力を高められるか、正念場となる。

 【関連】岸田氏、党県連会長に3度目の就任 信頼回復へ結束強調

 【関連】岸田氏、敵基地攻撃能力の議論加速求める

 「チャンスがあるならば、引き続き挑戦する」。この日、広島市中区の広島国際会議場で開いた自らの後援会の互礼会で、地元の支援者たち約800人を前に党総裁就任への意欲を強調した。その後、中区のホテルであった党県連大会に臨み、会長に選出された。「この困難をみんなで乗り切らねばならない。大変大きな責任を感じている」と厳しい表情で訴えた。

 ▽「負ければ総裁の目なくなる」
(ここまで 376文字/記事全文 996文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン

 あなたにおすすめの記事