地域ニュース

農機具や漁具収蔵、思い出詰まった「宝箱」 福山市の川口郷土資料館

2021/3/28 15:59
かつて川口一帯で使われていた農機具を眺め、思い出を語る住民たち

かつて川口一帯で使われていた農機具を眺め、思い出を語る住民たち

 扉を開けると、ほのかにわらの香りがした。福山市川口町の川口郷土資料館には地区の歴史が眠っている。背丈ほどの木製の水車や木製のくわ、稲わらで作った弁当箱まで。「ざっと250点ほどあります」と川口学区老人クラブ連合会の魚谷和義会長(78)が話す。
(ここまで 122文字/記事全文 474文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧