地域ニュース

副市長案で意見交換会 安芸高田、市長と市民グループ

2021/3/29 21:15
副市長の選任同意案の再提案などについての考えを語る石丸市長

副市長の選任同意案の再提案などについての考えを語る石丸市長

 安芸高田市議会で、2人目の副市長の選任同意案が否決されたことについて、石丸伸二市長が経緯や今後の対応を市民に説明する意見交換会が28日夜、同市向原町の向原生涯学習センターみらいであった。地元の主婦たちで結成した市民グループ「安芸高田市の未来を創る会」が主催し、約70人が参加した。

【関連】公募の副市長に34歳女性内定、4115人が応募
【関連】公募の副市長案否決

 石丸市長は、全国公募を経て副市長に内定した一般社団法人RCF(東京都)職員の四登(しのぼり)夏希氏(34)について、選任案を再提案することは可能と説明。人件費の予算も市議会に承認されているとして「一刻も早く2人目の副市長を置かないといけないのが私の立ち位置」と強調した。

 否決によって市のイメージが低下しているとの認識も示し「(選任案を)再提案し、四登さんに来てもらう姿を早く見せる必要がある」と述べた。出席者からは、市長と市議会が歩み寄るよう望む声や、選任案に反対した市議の考えも直接聞きたいとの意見が出た。

 同会は、10日の市議会本会議で選任案が賛成7人、反対8人で否決されたのを機に、約10人で活動を始めたという。意見交換会は、石丸市長から直接説明を聞きたいと出席を打診した。4月3日午後1時から、吉田町のクリスタルアージョでも開く。(和泉恵太)

【関連記事】

山根氏「どう喝なかった」 安芸高田市議が音声公開、市長に反論

安芸高田市長、市議会から「どう喝」 ツイッターで市議の居眠り指摘後


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧