地域ニュース

【詳報・克行被告第50回公判】弁護側被告人質問<2>案里の事務所と言った瞬間貸してもらえないと

2021/3/30 0:39

弁護人 6月8日に福山市の中国料理店で事務所責任者と会った。事務所責任者が総裁秘書団を引き回してくれたことは知っていたか。

被告 知っていました。

弁護人 どういう形で知ったか。

被告 中区中町の事務所で、政策秘書が、どこをどう回っていただくか、地元の世話人と打ち合わせをしていました。政策秘書から知りました。

弁護人 6月6日から8日の3日間、秘書団5人が入った。事務所責任者は引き回しで何をしたと思っていたか。

被告 私は秘書団から、「事務所責任者がきめ細かく対応していただいて、ほんとうに良かった」と聞いていました。行程、車の手配、運転手の手配、一緒に回る人への声掛けなど丁寧に準備して、運営したと認識していました。

弁護人 車を何台、運転手を何人手配したか知っているか。

被告 分かりませんが、5人の秘書が回るのだから、少なくとも5人は必要ではないでしょうか。

弁護人 車に別々に乗ったのか、それとも何人かで乗ったのか。

被告 普通に考えて2人の秘書が1台に乗るともったいない。1台に1人の秘書に乗ってもらい、積極的に党勢拡大の活動を行ったと思います。

弁護人 被告人は車や運転手の手配を事務所責任者と打ち合わせたことはあるか。

被告 具体の台数、時間帯は本部事務所のスタッフが事務所責任者と打ち合わせたと思います。私が事務所責任者と会話して、車や人の手配をぜひよろしくと、1本電話した可能性は排除できません。私の性格として、私のオペレーションをやっていただくのに、事前に一言お礼、感謝を申し上げないといけない。自分が電話1本した可能性は排除できません。

弁護人 経費は掛かったと思うか。

被告 当然掛かっていると思っていました。

弁護人 経費について事務所責任者と話したことはあるか。

被告 ありません。

弁護人 どういう経費がかかったと思うか。

被告 車の借り賃、燃料代、運転する人の日当、お昼ごはんの代金。そういったものです。

弁護人 6月8日に中国料理店で事務所責任者らと会食したか。

被告 はい。

弁護人 総理秘書団の引き回しに尽力してくれたことにお礼を言ったか。
(ここまで 871文字/記事全文 3840文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧