• トップ >
  • トピックス >
  • 【速報】PM2・5、山口県中西部で基準超え 県、外出控えを呼び掛け

トピックス

【速報】PM2・5、山口県中西部で基準超え 県、外出控えを呼び掛け

2021/3/30 18:15

山口県庁

 山口県中西部で30日、微小粒子状物質(PM2・5)の大気1立方メートル当たりの1時間の平均濃度が85マイクログラムを超えたため、県は健康に悪影響が出る可能性が高いとして、外出を減らすよう注意喚起した。2015年3月以来、6年ぶり。大陸からの西風の影響とみられる。

 測定局別の午後5時までの最大値は、下松市役所が91マイクログラム、宮の前児童公園(周南市)が89マイクログラムだった。県は山口、防府両市を含む中部4市について、屋外での長時間の激しい運動を控え、室内の換気を最小限にするよう求めた。下関市でも3カ所で85マイクログラムを超え、西部3市にも注意喚起した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧