• トップ >
  • トピックス >
  • 広島市で18人感染 県の警戒基準値上回る 若者クラスターも 新型コロナ31日

トピックス

広島市で18人感染 県の警戒基準値上回る 若者クラスターも 新型コロナ31日

2021/3/31 12:59

広島市役所

 広島市は31日、新たに市民18人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。直近1週間の新規感染者数(人口10万人当たり)は5・3人となり、広島県の警戒基準値(4人)を上回った。基準値超えは2月5日以来、54日ぶり。

 18人は、軽症7人、無症状11人。年代別は90代が4人▽40代、50代、80代が各3人▽20代と60代が各2人▽30代が1人。

 市は併せて、10、20代の若者によるクラスター(感染者集団)が発生したと公表した。26日に感染が判明した県内の1人とともに、22日以降に会食や屋内レジャーをした2つのグループの計16人が感染した。軽症か無症状という。市内でのクラスター発生は22日以来、9日ぶり。

 また、3月22日にクラスターを公表した市内の高齢者施設では職員5人、入所者7人の計12人の感染が新たに分かった。感染者は計25人となった。 

【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

【関連記事】

広島県で8人新規感染、30日の新型コロナ 公表済みの2人、変異株と確認

広島県内感染者は計19人、29日の新型コロナ

広島県は10人感染、10人以上は2月16日以来 28日の新型コロナ



  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧