地域ニュース

【速報】広島のサカスタ、建設イメージ決定 審議会が事業者を答申

2021/3/31 14:03
広島市が優先的に交渉を始めるJVが作った新サッカースタジアムの外観の完成イメージ(広島市提供)

広島市が優先的に交渉を始めるJVが作った新サッカースタジアムの外観の完成イメージ(広島市提供)

 広島市中区の中央公園広場へのサッカースタジアム建設計画で31日、設計と施工を担う事業者が事実上、決まった。市の審議会が、四つの企業共同体(JV)の提案を採点し、結果を市に答申した。市は、最高点を得たJVと優先して交渉する。

【広島再開発マップ】はこちら

 審議会は30日、各JVから新スタジアムのコンセプトやイメージなどの提案を受けていた。提案内容について各委員が31日、技術80点、価格20点の計100点で採点した。技術は、試合や観戦の環境、にぎわい創出などを評価項目とした。

 スタジアムは2024年の開業が目標で、収容規模は約3万人。市は、周辺の歩行者専用橋整備などを含む総事業費を271億円と見込んでいる。


この記事の写真

  • 広島市が優先的に交渉を始めるJVが作った新サッカースタジアムの内部の完成イメージ(広島市提供)
  • 広島市が優先的に交渉を始めるJVが作った新サッカースタジアムの遠景の完成イメージ(広島市提供)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧