• トップ >
  • トピックス >
  • 【速報】鳥取県職員8人が接待伴う店でコロナ感染、店はクラスター認定 知事が陳謝

トピックス

【速報】鳥取県職員8人が接待伴う店でコロナ感染、店はクラスター認定 知事が陳謝

2021/3/31 17:14

鳥取市で発生したクラスターについて、対策本部会議で説明する平井伸治知事

 鳥取県と鳥取市は31日、同市の接待を伴う飲食店で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生したと発表した。同日までに従業員2人、客12人の計14人の感染が判明。うち8人は、県東部農林事務所地域整備課の送別会の2次会で利用した県職員という。県による変異株のスクリーニング検査ではいずれも陰性だった。

 県によると送別会は26日夜にあり、2次会に参加した8人全員が感染した。うち1人が30日夜に検査で陽性となり、濃厚接触者となった7人も31日に陽性となった。狭い店内でマスクを着けていなかったという。1次会だけ参加した6人は全員陰性だった。

 店は30日から休業。23日以降に利用した客全員と連絡が取れたと説明しているという。

 31日の県市合同の対策本部会議で平井伸治知事は「県民に呼び掛けているように、職員にも深酒や長時間を避け、マスクを着けるよう指導してきたが、不十分だった」と陳謝。県は4月末まで職員の歓送迎会などを実施しないことを決めた。

 また県は31日、米子市の年代非公表の女性の感染も確認した。同日の感染発表は計8人となった。県によると、感染者が急増している関西地方など、県外に関連する感染が目立っているという。 


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧