地域ニュース

【詳報・克行被告第51回公判】弁護側被告人質問<1>妻と私が発掘、応援して政治の現場に立てた政治家

2021/4/1 2:28

 2019年7月の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で公選法違反罪に問われた元法相河井克行被告(58)=衆院広島3区=の第51回公判が31日、東京地裁であり、弁護側が被告人質問を続けた。克行被告は渡辺典子広島県議(36)=広島市安佐北区=への現金提供について買収の意図を否定。これまでの公判で、現金を受領した地方議員らが「国会議員に逆らえなかった」と上下関係を持ち出した点に反論した。詳報は次の通り。
 
 ■渡辺典子広島県議への現金提供

弁護人 お金を渡した県議、市議、首長の現金を供与したことを聞く。当選を得る目的で渡したのは間違いないか。

被告 はい。

弁護人 全ての県議や市議、首長もそうか。

被告 そうではない。案里の参院選で少しでもよい効果、影響が及んでほしいという願いがあったことは否めない。それよりも政治家の方々、(後援会の)三矢会の固有の理由が圧倒的に大きく存在していた。妻の参院選の応援、得票すら考えていない人がいます。それは渡辺典子県議です。

弁護人 被告人と渡辺さんとの関係は。
(ここまで 437文字/記事全文 2988文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧