地域ニュース

【詳報・克行被告第51回公判】弁護側被告人質問<4>沖井先生はぼーとしていると聞いていた

2021/4/1 2:29

■沖井純県議と窪田泰久県議への現金提供

弁護人 沖井さんを含めて同窓の思いはどうつながるのか。

被告 県政界で孤独感、疎外感を長年持っていました。何かそういったものを突破していきたい、包囲網を突破していきたい気持ちがありました。個人的な関係が重要で、中高で親しくするということが地方議員も使えるので活用していました。

弁護人 沖井さんには50万円を供与したか。

被告 これは被告人の冒頭で言った通り、50万円を渡したことはありえません。

弁護人 いくらか。

被告 20か30万円だったと思います。

弁護人 50万円はあり得ないと、なぜ言い切れるのか。
(ここまで 268文字/記事全文 1582文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧