地域ニュース

診療13年、林先生と別れ 大竹・阿多田島竹・阿多田島、4月から桐原医師常駐

2021/4/1 8:00
阿多田港に見送りに集まった住民へフェリーから手を振る林医師

阿多田港に見送りに集まった住民へフェリーから手を振る林医師

 大竹市の離島・阿多田島で約13年間診療を続けた林重三医師(77)が、3月末で業務を終えた。昨年3月に島の診療所の常駐を退いた後も、通いで診察を続け、島民の健康を下支えしてきた。島では4月から、医師の常駐が1年ぶりに再開し、桐原義昌医師(65)が平日の週5日診療する。
(ここまで 134文字/記事全文 500文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 入山市長(右端)から感謝状を受け取る林医師(左から4人目)。同2人目は桐原医師
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧