トピックス

授業中にホラー映画 柳井商工高、教諭に厳重注意

2021/4/1 23:00

山口県庁

 柳井市の柳井商工高で、60代男性教諭が授業中に、サイコホラー映画を生徒に見せていたことが1日、分かった。保護者からの抗議で山口県教委が把握し、同校が教諭に厳重注意した。

 同校によると2月中旬、建築・電子科の建築コースの2年生15人が受けた製図の授業で見せた。授業がその日に5時限続いたため、教諭が「集中力が続かないだろう」と生徒に要望を聞いたところ、この映画の視聴を希望した生徒が多数いたことから選んだという。

 映画は、生徒が自殺するシーンが相次ぎ15歳未満の観賞が制限されている。教諭は内容を確かめた上で見せていた。同校によると、心身の不調を訴える生徒は確認されていない。城浩敏校長は「見たくない生徒もいたと思う。授業に関係なく不適切な行為だった」と話す。教諭は生徒に謝罪。同校は保護者会を開き謝罪する予定という。

 県教委教職員課は「教育現場で見せるべき内容でなく問題があった」としながら、指針や過去の事例に照らし懲戒処分には当たらないと判断した。(山本祐司)

【関連記事】

「半ズボンは時代遅れでは」 基準服は誰が決めるの

肌着に校則、色柄を指定 広島県内公立高の6割 茶色髪や天然パーマ届け出も

みんなの校則データベース 広島県内公立高校版

たかが茶髪、されど茶髪


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧