地域ニュース

島根県で初 松江で感染者 松江工高の女子生徒、新型コロナ(2020年4月10日掲載)

2020/4/10 13:00
島根県内で初めて新型コロナウイルスの感染者が確認され、記者会見する丸山知事

島根県内で初めて新型コロナウイルスの感染者が確認され、記者会見する丸山知事

 島根県と松江市は9日、同市在住で松江工業高の女子生徒が、新型コロナウイルスに感染していたと発表した。県内で初めての感染確認となる。3月中旬にのどの痛みを訴え、同市内の医療機関を3回受診。4月9日のPCR検査で陽性と判明した。軽症で、自宅待機している。

 同日夜に県庁で記者会見した丸山達也知事たちが説明した。10代の女子生徒は3月19日に鼻水とのどの痛みの症状が出て、22日に発熱し、25日に医療機関を受診。熱が上がるなどしてさらに受診したが、検査の必要がないと判断された。4月8日の3回目の受診で、医療機関が保健所に連絡した。9日夜にPCR検査で陽性と確認した。

 また市役所で会見した松浦正敬市長は、女子生徒は定時制に通い、働いていたと説明。3月は春休みに入るまで登校もしていた。感染経路は分かっておらず、市は濃厚接触者などを含めて調査する。女子生徒は10日にも、感染症指定医療機関に入院する見通し。

 県教委はこれまで感染者が確認されていないとして、県立学校を休校にしていない。松江工業高は10日は臨時休校とする。

 丸山知事は「感染した人の行動を確認し、濃厚接触者を可能な限り把握する。適切な対応をすることで、感染拡大の芽を一つずつ摘んでいく」と強調した。

 中国地方では9日午後9時現在、新型コロナウイルスの感染者は広島、岡山、山口の3県で計57人確認されている。鳥取県では確認されていない。(松本大典、高橋良輔) 

 【おわび】9日夜にヤフーニュースへ配信した「島根県で初の(新型コロナウイルス)感染者」の記事初出時に添えた写真は、島根県庁ではなく鳥取県庁でした。関係者のみなさまにご迷惑をおかけしました。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧