地域ニュース

【詳報・克行被告第52回公判】弁護側被告人質問<2>長いものに巻かれろ、が広島政界の空気

2021/4/5 20:43

■石橋竜史広島市議への現金提供

弁護人 石橋竜史さんとの関係は。

被告 もともとサッカーJ1サンフレッチェ広島の場内アナウンスをやっていると聞いていた。その知名度が評価され、地元の民間放送局が自前でつくる帯番組にも出演していると聞いていた。ローカルタレントのような存在と認識していました。若手の市議の紹介で、最初は彼が私のところに来て「安佐南区から市議選に立候補したい」とあいさつした。礼儀正しい、筋目をわかっている人だと思った。落下傘候補だった。私は地元をとにかく大切にしてください。一軒ずつ訪問して名前と考え方を知ってもらうことから始めてくださいと助言した。それがなれそめです。

弁護人 石橋さんも若い政治家ですね。

被告 はい、そうです。同時に私としては自分が第3選挙区支部長としての使命感もある。新しく立候補する人には自民党に入ってほしい。自民党の公認、推薦を働き掛けるから、それを取って出たらどうかと話した。彼は強硬に拒んだ。とにかく無所属で活動したいとおっしゃった。自民党の公認、推薦の申請、入会についても承諾してもらえませんでした。私は彼を自分の考えをしっかり持っている政治家だと評価しています。

弁護人 石橋さんは無所属、無党派を看板にしていると法廷で証言した。石橋さんの政治家としての立ち位置をどう見ているか。

被告 保守系か革新系かというと保守系無所属。しゃべりがうまい。私の集会で司会をしてもらったり、私の選挙で終盤に向けて選挙カーに乗ってカラスをやってもらったりして士気を高めてもらいました。

弁護人 集会とはどんな集会か。

被告 第3選挙区支部と後援会の合同新年交歓会やゆめづくりフォーラムの司会をしてもらいました。

弁護人 政治資金パーティーか。

被告 はい。最初は「自民党員じゃないから」と断りましたが、「自民党員じゃない人が司会をするのは第3支部は懐が大きいとなるからぜひ」とお願いしました。

弁護人 石橋さんとの関係は良かったか。

被告 彼は政治家としての将来の胸の内を明かしてくれた。

弁護人 具体的にはどういうことを明かしたか。
(ここまで 870文字/記事全文 3159文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧