トピックス

二葉山トンネル、牛田東で掘削開始 住民ら反発・抗議

2021/4/6 15:29

牛田東地区でのトンネル掘削開始に抗議する市民団体のメンバーたち

 広島高速5号二葉山トンネル(広島市東区、1・8キロ)の建設で、事業主体の広島高速道路公社(東区)は5日、東区牛田東地区の直下で掘削工事を始めた。約1年かけて550メートルを掘り進める予定。住宅街がある牛田東地区では住民が、工事に伴う地盤沈下への懸念からトンネル建設に反対してきた経緯がある。地元の理解を得られていない中、工事はヤマ場に入る。

【動画】これが二葉山トンネル工事現場

 公社によると、牛田東地区手前で止めていた大型掘削機を動かし、工事を再開した。地下水がしみ出して地盤が下がる恐れがあるため「極力避ける」としてきたカッターの交換は、防止策を取りながら、住宅地直下で3回予定していると説明している。

 住民はこのカッター交換などに反発している。この日の着工に合わせて、市民団体「二葉山トンネルを考える市民の会」と牛田東1丁目町内会の住民たち計16人が、掘削工事の起点となった東区二葉の里地区の歩道に立ち、抗議活動をした。パネルを手に「住民との約束を守れ」「掘削はやめよ」などと訴えた。

 トンネル建設を巡っては、住民が着工前から地盤沈下を懸念。公社などは15年10月、工事の影響で25ミリ以上の地盤沈下が起きた場合、宅地を県土地開発公社(中区)が買い取る方針を明らかにしている。高速道路公社は2・4ミリ沈めば掘削を中断すると決めており、地表面の変化を常時計測している。(長久豪佑)

【関連記事】

苦い幕引き真相は闇  広島市議会 広島高速5号二葉山トンネル問題

地盤沈下の恐れ、住民反発 二葉山トンネル工事説明会


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧

  • ステルス戦闘機F35Aが米軍岩国基地に飛来 地元は騒音・安全対策要請【動画】 (12/4)

     米空軍のステルス戦闘機F35A4機が3日、岩国市の米軍岩国基地に飛来した。中国四国防衛局から市に入った連絡によると、いずれも米アラスカ州アイルソン空軍基地に所属しており、岩国基地を拠点に数週間、周辺...

  • 中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数 (12/3)

     中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況【グラフ】山口県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況【グラフ】岡山県の新型コロナウイルス感染者...

  • 抑留死亡者名簿 (12/3)

     厚生労働省がシベリア地域とモンゴル地域での抑留死亡者のうち、個人を特定できたとして3日に漢字の氏名と出身地を公表した13人は次の通り。(漢字の字体は発表に基づく。敬称略) 【シベリア地域】 ◇北海道...

  • 核軍縮、取り組み推進 寺田氏の一問一答 (12/3)

     寺田稔首相補佐官は3日、岸田文雄首相からの辞令交付後、官邸ロビーで報道陣の取材に応じた。主なやりとりは次の通り。 ―核軍縮・不拡散の担務は歴代補佐官として初めてとなります。意気込みを聞かせてください...

  • 寺田氏が首相補佐官 国家安保・核軍縮担当 (12/3)

     政府は3日の閣議で、国家安全保障と核軍縮・不拡散を担当する首相補佐官に寺田稔元総務副大臣(広島5区)を起用する人事を決定した。岸田文雄首相(広島1区)は、自民党岸田派所属で元防衛政務官の寺田氏が外交...