地域ニュース

【詳報・克行被告第53回公判】検察側被告人質問<4>案里の選挙が有利になってほしいというのは否定しません

2021/4/7 2:18

■福山市の事務所の責任者への現金提供

検察官 次に福山市の事務所の責任者について聞く。陣営の内側の人だから報酬を払う感覚で買収ではないということか

被告 はい。

検察官 後援会員への買収の意図は認めるか。

被告 そればかりではないが、あったことは否定できないと思っています。

検察官 福山市の事務所の責任者の方が後援会より近い関係ということか。

被告 誰かと誰かを比較することは頭にないです。(参院議員の)鈴木宗男先生から直々に福山市の事務所の責任者が応援してくれると聞いた。鈴木先生がお気遣いしてくれていると考えていた。わざわざ選挙買収することは考えられない。鈴木先生が指示し、忠誠心のある人と思っていた。格別さらに上乗せして買収資金を渡さないといけないということは、少なくとも私と鈴木さんの関係ではそうではない。

検察官 福山の事務所の運営はだれがしているか知っていたか。

被告 後援会は元広島県議の二人。事務所は福山市の事務所の責任者と思っていた。

検察官 事務所の経費をどう清算するのか聞いていたか。

被告 いつ

検察官 6月7日の選挙前

被告 いやはっきり聞いた記憶ない。

検察官 福山市の事務所の責任者に差し上げた理由は。

被告 鈴木先生からの紹介で誠実で大変頼りになる方と聞いた。総理秘書団が党勢拡大にきてもらった時も福山市の事務所の責任者のことを高く評価していた。実際回ってもらい、車、運転手の確保、燃料代、食事代を福山市の事務所の責任者が負担していると思い、それを私の手持ちから出したいと思った。 
(ここまで 644文字/記事全文 7827文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧