地域ニュース

アユ不漁、豪雨の爪痕 広島・安佐北の三篠川、川底の泥や工事影響

2021/4/8 22:57
護岸整備が進む現場付近で、三篠川の濁りなどを確認する高橋組合長

護岸整備が進む現場付近で、三篠川の濁りなどを確認する高橋組合長

 西日本豪雨で浸水被害が出た広島市安佐北区白木町の太田川水系の三篠川で、アユの不漁が続いている。川底にたまった泥で餌のコケが石に付着しにくくなっているのに加え、河床掘削などの改良復旧工事で自然の川の流れと異なる状況となっている。地元漁協の組合員からは「稚魚を放流しても成育しない」などと苦悩の声が上がっている。
(ここまで 155文字/記事全文 703文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧