• トップ >
  • >
  • まちづくり 宍道湖の魅力、どう活用【県都の行方 21年 松江市長選・市議選】<下>

トピックス

まちづくり 宍道湖の魅力、どう活用【県都の行方 21年 松江市長選・市議選】<下>

2021/4/9 20:35

宍道湖(手前左)や大橋川など水辺に面した松江市中心部(撮影・高橋洋史)

 松江市袖師町の岸公園。晴れれば夕方、宍道湖と上空は紅色に染まる。夕日の見える日にだけ開くオープンカフェを営む植田菜月さん(30)は「美しい水辺は松江の財産。PRしきれておらず、もったいない」とこぼした。人影まばらな昼間の湖畔を見るたび「夕日を見る以外に集まる目的がない。体験ができる場所が少ない」と悔やしがる。

 ▽にぎわい生む指針を

 近年、市中心部にある宍道湖周辺のにぎわいに陰りが見える。北岸では昨年6月、温泉街で観光拠点だった「宍道湖しじみ館」(千鳥町)が閉館。南側の湖畔では、2017年にホテル宍道湖(西嫁島)が42年の歴史に幕を下ろした。市が跡地を買い取る方針だが、活用策は示されていない。

 ▽市民の関与必要
(ここまで 309文字/記事全文 1364文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事