トピックス

漁船が転覆、2人死亡 笠岡沖、単独事故の可能性

2021/4/10 16:49

笠岡市白石島沖で転覆した優生丸(10日午前2時40分ごろ、水島海上保安部提供)

 10日午前0時50分ごろ、笠岡市白石島の北約500メートル沖で、「底引き網漁船が転覆しており、乗っていた2人が見当たらない」と、付近で操業中の漁船から118番があった。

 水島海上保安部などが捜索し、午前4時ごろに現場付近で、船長の同市北木島町、漁業男性(60)を発見。同5時50分ごろに転覆した船内から漁業手伝いの妻(58)を発見し、ともに巡視艇に収容して死亡を確認した。

 水島海保によると、転覆した漁船は優生丸(4・99トン)。2人は9日午後7時半ごろに北木島を出発し、現場付近で操業していた。10日午前2時ごろの現場周辺の風や波は穏やかで、同海保は単独で転覆した可能性が高いとみている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧