地域ニュース

呉駅前広場、2階建て構造に 国交省・市の整備計画

2021/4/10 21:32
現在のJR呉駅前。交通ターミナル整備により、右側の呉阪急ホテル前に一般車乗降エリアが設けられるなどする

現在のJR呉駅前。交通ターミナル整備により、右側の呉阪急ホテル前に一般車乗降エリアが設けられるなどする

 JR呉駅(呉市)周辺の再開発の検討を進める国土交通省と呉市は、交通ターミナル整備事業計画をまとめ、駅前広場を2階建て構造にするレイアウトを固めた。1階はバスやタクシー、一般車の乗降場を整備し、2階に歩行者向けのデッキを設ける。「呉の玄関口」としての拠点性を高める。

 国交省が1階のバスとタクシーのエリア、2階のデッキなどの整備費を負担する予定で、費用は約80億円と試算している。中国地方整備局は本年度、調査設計に1億円を充てる。
(ここまで 215文字/記事全文 599文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧