トピックス

【速報】広島県で11人感染、11日の新型コロナ

2021/4/11 15:13

広島県庁

 広島県内で11日、新たに11人の新型コロナウイルス感染が確認された。広島市8人、尾道市2人、東広島市1人で、軽症8人、無症状3人という。県内で新型コロナの新規感染者数が2桁となったのは4日連続。

 広島市によると、市内の8人の年代別は、30代と70代が各2人▽20代、40代、50代、80代が各1人。症状別は軽症が5人、無症状が3人となる。1人が入院し、3人が宿泊施設で療養しており、4人は調整中。他の感染例との関連が特定できていない感染者は1人としている。

 尾道市の2人と東広島市の1人は県が発表した。全員が軽症で入院している。

 県によると、尾道市の2人はともに60代。それぞれ8日に熱やだるさなどを発症し、PCR検査で10日に陽性が判明した。県内の感染者と接触があり、発症前14日以内に近畿地方と行き来していた。

 東広島市の1人は60代。6日にせきや息苦しさ、のどの痛みなどを発症し、PCR検査で10日に陽性と分かった。他の感染例との関連は調査中で、発症前14日以内に県外との往来はないという。

 広島市は併せて、5日に公表した変異株の感染者17人のうち、10人が英国型だったと発表した。これで市内の変異株の感染者40人のうち英国型は33人となった。残る7人のうち4人は解析不能で、3人は国立感染症研究所(東京)で解析中としている。 

【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

【特集】データで見る新型コロナ、経済への影響

【特集】新型コロナウイルスNEWSファイル<8>2021年3月・4月


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧