• トップ >
  • トピックス >
  • 広島県は1人死亡、9人感染 変異株新たに15人、12日の新型コロナ

トピックス

広島県は1人死亡、9人感染 変異株新たに15人、12日の新型コロナ

2021/4/12 20:42

広島県庁

 広島県内で12日、新たに9人の新型コロナウイルス感染が発表された。広島市5人、福山市2人、坂町1人、東京都1人で、全員が軽症という。県は感染者1人が10日に死亡したと明らかにし、県内の死者は計107人となった。

【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

 広島市の5人は、50代が2人▽10代、30代、60代が各1人。市教委によると10代の1人は安芸区の市立中の生徒で、同校は13〜15日に臨時休校する。市立学校が新型コロナで臨時休校となるのは3月7日以来で、本年度は初めてという。

 福山市の2人は職業非公表の40代女性と40代の会社員男性。男性は東京都への往来歴があるという。

 坂町の50代と、県内での検査で発覚した東京都の60代は、県が発表した。

 県内では併せて、公表済みの感染者のうち、広島市で11人、福山市で4人が変異株だったと公表された。福山市と県は、変異株のうち各2人が英国型だったと発表した。県によると、県内の変異株の感染者は計70人となり、このうち英国型が43人を占めている。 

【関連記事】

広島県で11人感染、11日の新型コロナ

広島県内22人感染、広電バス運転士1人など 10日新型コロナ

【特集】新型コロナウイルスNEWSファイル<8>2021年3月・4月


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧