地域ニュース

広島市中区に新たな将棋道場 「センター」継承、アマ有段者矢野さんが16日開所

2021/4/14 21:03
中区舟入本町に新たな将棋道場を開く矢野さん(中)

中区舟入本町に新たな将棋道場を開く矢野さん(中)

 5人のプロ棋士を輩出し、3月上旬に閉所した広島将棋センター(広島市中区)の精神を引き継ぎ、新たな将棋道場「将棋ひろば」が16日、広島市中区舟入本町にオープンする。かつて将棋センターで腕を磨き、アマ有段者になった佐伯区の自営業矢野啓太さん(34)が開所。「広島市内で将棋を楽しめる場を守っていきたい」と意気込む。

 広島将棋センターの代表と親交のあった矢野さんが、使っていた将棋盤や駒を譲り受けた。センターで講師を務めていたメンバーの協力も得て、将棋教室の開催や大会運営の事務も引き継ぐ。「道場の経営が大変なのは承知の上。子どもやシニアには根強い人気があるので、新たな需要を掘り起こす」と、親子や会社員向けの初心者教室などを開いていく予定だ。

 11日には、オープン前イベントを開催。約30人が集まり、トーナメント戦を楽しんだ。参加した西区の中学2年重弘佑也さん(13)は「小学1年生から通っていた将棋センターがなくなって困っていた。人と指せる場所ができてうれしい」と感謝する。

 営業は水―日曜の午後1〜8時。小学6年から高校まで将棋センターに通った矢野さんは「当時のように愛好家が気楽に集まって将棋を指せる場所になれば」と準備を進めている。Tel070(2431)3417。(貞末恭之)

【関連記事】

盤上の社交場、惜しむ声 広島将棋センター、3月閉所

広島将棋センター3月閉所へ 故村山九段らプロ5棋士輩出 コロナ禍が経営直撃


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧