地域ニュース

広島市消防局、南消防署に日勤救急隊 19日から態勢強化、育児と両立も

2021/4/16 9:59
南消防署で運用を始める日勤救急隊の隊員(広島市南区)

南消防署で運用を始める日勤救急隊の隊員(広島市南区)

 広島市消防局は19日、平日の日中に限って救急要請に対応する「日勤救急隊」の運用を、南区の南消防署で始める。平日の日中は人の動きが活発で、症状の重いけが人や病人を運ぶ業務が増える傾向にあるとして初めて導入した。平日昼に限った勤務で、多様な働き方を提供する狙いもある。

 市消防局によると、日勤救急隊は原則、平日午前9時15分〜午後4時に出動する。隊員は女性1人と男性3人で、男性のうち2人は2020年度に定年退職を迎えた再任用者となる。

 南消防署には、隊員が午前8時半〜翌日午前8時半の24時間勤務をする通常の救急隊1隊がいる。日勤救急隊はこの隊と連携し、平日の日中の救急要請では優先して現場に向かう。
(ここまで 300文字/記事全文 688文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧