地域ニュース

沈没潜水艇の乗員を悼む 呉で式典、住民ら100人参列

2021/4/16 13:58
慰霊碑前で敬礼の空砲を響かせる海自隊員

慰霊碑前で敬礼の空砲を響かせる海自隊員

 明治末期、訓練中に沈没し、佐久間勉艇長たち乗組員14人が亡くなった旧海軍第六潜水艇の112回目の殉難追悼式が15日、「殉難之碑」のある呉市西三津田町の鯛乃宮神社であった。新型コロナウイルスの感染拡大防止で遺族の参列はなく、地域住民や海上自衛隊員たち約100人で開かれた。
(ここまで 136文字/記事全文 314文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧