• トップ >
  • >
  • 「校則、時代に合わない部分ある」 プロジェクト応募提案、安田女子中高の安田校長補佐 

トピックス

「校則、時代に合わない部分ある」 プロジェクト応募提案、安田女子中高の安田校長補佐 

2021/4/18 9:00

校則について意見交換する安田女子中高の生徒(2020年9月30日、広島市中区)

 この春から3項目の禁止事項を撤廃した安田女子中高(広島市中区)。経済産業省の委託事業で、東京のNPO法人が企画した「ルールメイカー育成プロジェクト」への応募を提案したのは、校長補佐の安田馨さんだった。校則にはどれも「社会で求められるマナーを身に付けさせたい」「生徒の安心や安全を守りたい」といった思いがあり、生徒を押さえつけようとの意図はない。ただ、安田さんは「私自身、今ある校則が時代に合わなくなっている部分があると感じていた」と振り返った。

 「生徒みんなで校則変えた」 広島・安田女子中高の挑戦


 同校は100年超の歴史を擁する。規律を重んじる校風で、生徒が校門前で、深々と一礼してから登下校する姿は地元ではおなじみの光景。「伝統を大切にする学校」との評価もある。「だからこそ変えにくい側面があり、一部のルールが硬直化しているのではないかとの懸念があった」

 折しも、生徒に求められる資質として、主体性が重視される時代だ。そんなときプロジェクトを知り応募した。

 モデル校に選ばれ、当初は生徒会を中心に活動。2020年春、中高のそれぞれ2、3年生を対象にアンケートすると、「校則を変えたい」との意見が多数を占めた。これを踏まえ、プロジェクトメンバーを募り、活動を本格的にスタートさせた。

 「もちろん教員の間には不安もあった」と安田さん。生徒がルールについて主体的に考えるのは理想型だが、校則を変えたことで生徒の行動がどう変わるのか読めないからだ。

 一方、有志メンバーの中には、単に「校則を変えたい」というばかりでなく、参加することで「校則の意味を考えてみたい」や「将来、法律に関する仕事に就きたいので、ルールができる過程を学びたい」などさまざまな考えを持った子もいたという。
(ここまで 737文字/記事全文 1093文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事