地域ニュース

展示や講習会、動画配信も 福山ばら祭の概要固まる

2021/4/17 22:55

 ことしは分散開催になった福山市の祭典「福山ばら祭2021」の開催プログラムの概要が固まった。5月10〜23日に同市花園町のばら公園を中心に展示や講習会などを行う。昨年に引き続いて、市民から募集した動画を紹介するオンライン番組も配信する。

 ばら公園は会期中、新型コロナウイルス対策で入場制限をする。例年のバラの栽培相談・販売コーナーや夜間ライトアップなどに加え、軽食を販売する仮設店舗を設置。バラを観賞しながら距離を取って飲食も楽しんでもらう。25年の世界バラ会議福山大会をPRする展示ブースも設ける。15、16日には、同町の花園公園や霞町のまなびの館ローズコムでもコンテストやワークショップを開く。

 ばら祭の公式ユーチューブチャンネルでは、初日の10日午前10時にオープニング番組を配信する。15日午後7時からバラを取り入れたお笑い動画のコンテスト、23日午後4時からは、小学4年生が10年後の自分に向けた「ドリームレター」の朗読も流す。

 バラへの思いや身近な人への感謝、祭りのテーマ曲の演奏映像なども募り、期間中に随時公開する。ホームページの要項に従い、ドリームレターは今月30日、それ以外は23日までに投稿してもらう。https://fukuyama―matsuri.jp/bara/(吉原健太郎)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧